ルミガンは自まつ毛の育毛効果を望める医薬品となっています。しかし、一般的には美容外科や皮膚科など処方しなくてはいけないため高額な医薬品になってしまいます。そんなルミガンを安価に購入したいのであれば通販を利用しましょう。それではルミガンについて説明していきます。

きれいな目と薬
  • ホーム
  • マツエク費用はどれくらい?自まつげを盛るのは何故?

マツエク費用はどれくらい?自まつげを盛るのは何故?

10代から40代、50代のマダムまでしている人が多いマツエクですが、そもそもアイメイクで目力アップができるのにつけているのはなぜでしょう。
理由は人によりいろいろありますが、よく挙げられるのは自まつげにボリュームをつけて盛ることですっぴんでも目元がとても華やかになり、メイクがかなり楽になるためです。
マツエクをしていることによってまつ毛のメイクにかかる手間が一切必要なくなるため、朝のメイク時間をかなり短縮できます。
また、これらのアイテムを使わないことによってまつげのダメージも削減することが可能です。
朝とても楽ということと、メイクを落とした後でも華やかな目元でいられるというのが主な理由です。
1度やるまでは半信半疑でも、それからずっと年単位で続けているという人も多いです。
彼氏や旦那さんの前でお風呂に入った後でもナチュラルでかわいいままいられるというのは女性にとってとてもうれしいものです。
最近はマツエクを常にしている人が多いので、それがすっぴんだと思っている男性も多いです。
自まつげを盛る、というとちょっとギャルっぽかったりケバく見えそうに思うかもしれませんが、本数を増やしすぎなければまるでまつげが多く、濃くなったかのようにナチュラルに仕上げることが可能です。
ちなみにマツエクの費用についてはお店にもよりますが、標準的には100本で4000~5000円、多めの150本で5000~7000円ぐらいが平均的です。
最近東京や大阪ではかなりマツエクのサロンも増えていたり、美容院などでできるところも多いのでリーズナブルな費用でできるところも多いです。
マツエクに通う頻度としては、これもまつ毛の毛質や季節によって多少変わりますが4週間から1か月半ぐらいの期間で通っている人が多いです。
より綺麗な状態をいつもキープしておきたい、という美意識の高い人だと3週間ごとに今ついている毛に付け足すプランで通っている人もいます。

マツエクは本数が多すぎるとケバくなる

ちなみに、初めてだと難しいマツエクの本数ですが多くしすぎると目元の印象が強くなりすぎてしまい、ケバい印象になってしまいます。
もともとのまつ毛の状態にもよりますが、ナチュラルに仕上げたいなら本数は80本~120本、ちょっと華やかにしたいなら120~150本ぐらいがおすすめです。
200本以上のデザインが似合う人ももちろんいるのですが、本数が多くなることでやはりまつ毛に負担もかかりやすいですし、マツエクをいかにもしているというイメージになりやすいのでおすすめは100本程度です。
ちなみに、マツエクには実はいろいろなデザインがあり、それによってなりたい目元に近づけることが可能です。
例えばドーリーでパッチリした目にしたいなら、長めの11ミリから13ミリぐらいのまつ毛を真ん中を長めにしてつけるデザインがおすすめです。
真ん中を長くすることで黒目が大きく見えて、よりかわいらしい印象になります。
逆に大人っぽくセクシーに見せたいなら、目じりに向かって長くなるタレ目デザインがぴったりです。
こちらのデザインだと、目の横幅が広く見えやすいので丸い目の人がちょっとシャープに見せたいときにおすすめです。
マツエクはデザインや長さ、カールのタイプ、また最近はカラーバリエーションも豊富なので組み合わせて自分のお気に入りを見つけるのがとても楽しいです。
ファッションやメイクによって、そのときの気分に合わせて変えている人もいます。
1度しだすとなかなかやめられない魅力があり、値段も思ったよりリーズナブルなのでなくてはならない存在になっている女性も多いです。
行くサロンのスタッフと相談しつつ、ぴったりのデザインを見つけましょう。