ルミガンは自まつ毛の育毛効果を望める医薬品となっています。しかし、一般的には美容外科や皮膚科など処方しなくてはいけないため高額な医薬品になってしまいます。そんなルミガンを安価に購入したいのであれば通販を利用しましょう。それではルミガンについて説明していきます。

きれいな目と薬
  • ホーム
  • ビューラーによるまつげへの負担

ビューラーによるまつげへの負担

まつげをぱっちり、目を大きく見せるために欠かせないアイテムがビューラーです。ですが、毎日のように使用を続けることがまつげへの負担にもつながっています。
ビューラーで強く挟むことでまつげに負担がかかり、毛が抜ける、切れるなどのダメージの原因となるのです。
なので、ビューラーを使用する際はまつげになるべく負担のかからないように正しい使い方とケアを実践することが大切なのです。
まず、ビューラーのゴムについてです。長い期間同じゴムを使い続けるとカール力が悪くなるだけでなく、与えるダメージも大きくなるので注意が必要です。
取り替え用のゴムはドラックストアやコスメコーナーで安価で購入することができるものなので、月に一度を目安にしてこまめに取り替えるようにしましょう。
また、まつげについている汚れなどによってゴム部分は日々汚れていっています。
一般的にゴム部分は黒色なので汚れには気が付きにくいのですが、そのまま使用を続けるとまつげにダメージを与え続けてしまいます。
使用後はゴム部分をティッシュでふくなどして清潔に保つようにしましょう。
あまりにもまつげが抜ける、切れるなどと言ったトラブルが続くのであれば一時的にビューラーの使用をストップして、まつげを休ませることも大切です。
また、一般的には挟むタイプのビューラーよりはホットビューラーの方がまつげに与えるダメージが少ないのでそのようなタイプに取り替えてみるのもおすすめです。
どのようなタイプのビューラーを使うのであっても、正しい使い方をマスターすることはまつげへのダメージを最小限に抑えるうえで欠かせないポイントです。
まず、まつげを一気に上げようとするのではなく、3段階くらいに分けて上げていくようにしましょう。
また、強すぎる力で挟むのは危険です。
机に肘をついて手元を安定させ、適度な力で行うことでまつげへの負担を最小限に抑えるだけでなく、カールの仕上がりも良くなります。

ビューラーは目の形にあったものを選ぶ

ビューラーを正しく使い、清潔に保つことももちろん大切ですが、自分の目の形に会ったものを選ぶことも同じように大切です。
目の形は人それぞれで、そのためあっているビューラーの形も人それぞれなのです。
一重まぶたの方は、まぶたが邪魔をしてまつげを根元から挟むのが難しくなりがちです。
むりやり引っ張り出すのはダメージの原因となるので、一重まぶた専用のビューラーを使うのがおすすめです。
一般的に、彫が深いと言われる顔の人はまぶたのカーブが深いので浅めのビューラーが使いやすいと言われます。
反対に平面的な顔の人はまぶたのカーブが浅いので、深いカーブのビューラーを使うことで最小限の負担でまつげをあげることができます。
しかし、これはあくまで一般的な話なので自分に本当にあったものを見つけることが重要です。
ドラックストアやコスメカウンターには、箱から出されたビューラーが置かれていることがあります。
このような見本を自分の目に当ててみることで、本当に自分のまぶたに合ったものかを見極めることができます。
小さなメイクアイテムだから、と侮ったりせず服を買う時のように実際に自分で試着してみることが大切です。
どのようなビューラーが自分に合っているのかを見極める方法としては、まぶたの両端と真ん中の一番盛り上がっている部分がそれぞれビューラーのカーブにフィットしているかを確かめるのが確実です。
目の横幅や、深さがしっかりとあっているかが分かります。
幅が足りなければ、もうワンサイズ大きいものを、カーブが足りなければもっと深いものを選ぶようにしましょう。
以上のようなポイントに気をつけることができれば、ビューラーによるまつげへのダメージの心配はありません。