ルミガンは自まつ毛の育毛効果を望める医薬品となっています。しかし、一般的には美容外科や皮膚科など処方しなくてはいけないため高額な医薬品になってしまいます。そんなルミガンを安価に購入したいのであれば通販を利用しましょう。それではルミガンについて説明していきます。

きれいな目と薬
  • ホーム
  • まつげをカールしてくれる効果のマスカラ

まつげをカールしてくれる効果のマスカラ

まつげがくるんとカールしていると目元をパッチリ大きく見せる効果があります。
マスカラを塗る上で目元を大きく見せたい人やかわいい目元を作りたい人はカールをキープさせることがとても重要になります。
まずカールを持続させたい時にはマスカラを塗る前に、マスカラ下地を使用することがカールをキープするのに効果があります。
下地を塗ることでマスカラのノリを良くし、更にまつげを保護し、負担を減らす効果もあります。
そしてカールを持続させるためには、ウォータープルーフタイプのマスカラが良いです。
日本人のまつげは直毛でカールしにくい上に、気候も湿気の多い気候なので水分を多く含んでいるマスカラではカールはキープできません。
ですが、ウォータープルーフのマスカラであれば塗ることでまつげに水分が付着するのを防いでくれる効果があるのでカールを持続させることができます。
塗り方もただ塗るのではなく、根元から軽く左右に揺らしながら上に押し上げるように塗っていきます。
次に目頭、目尻の順に塗っていきます。
下まつげの根元にも放射状に塗ります。
そして最後にウォータープルーフのトップコートで仕上げることで形状をキープする効果があります。
更にマスカラを付ける前にベビーパウダーやフェイスパウダーで叩いてまつげの水分を事前に減らしておくことで更にまつげのカールをキープする効果が上がります。
他にはホットカーラーで熱を加えることできれいなカールを作ることができます。
熱くなりすぎないように十分注意し、まつげの真ん中から外側に広がるようにソフトに上へなでていきます。
ゆっくりと曲線を描くようにするとまつげを傷めずにカールを作ることができます。
まつげをカールさせておくにはマスカラの種類も関係しますが、塗り方も重要です。ウォータープルーフのもので根元からしっかり押し上げるように塗った時に、きれいなカールの素敵なまつげに仕上げることができるのです。

マスカラはブラシとコームタイプどちらがいい?

コームタイプのマスカラはコーム型とコイル型があります。まつげをとかしながら一本一本の毛をセパレートさせながら、まつげにマスカラを付けていくので、ダマやひじきまつげになりにくく自然な仕上がりにできます。
少しずつ均等にマスカラを付けることができます。
自然な仕上がりなので目元をぱっちり強調したいという方には向きません。
オペラのマスカラは自然なボリューム感に仕上げることができます。長く自然なボリューム感に仕上げたい方はオペラのマスカラが合っています。
それに対してブラシタイプは、広範囲に根元からマスカラが塗りやすくボリューム感のある、パッチリした目元に仕上がることが特徴です。
ストレート型、アーチ型、ロケット型、ひょうたん型と多くの種類が出ています。
ただたっぷりつけてしまうとダマになりやすかったり、細かい部分が塗りにくいという点もあります。
メイベリンのマスカラはブラシタイプで数多くの種類を出しています。ボリュームがあり存在感がある、印象的なまつげに仕上げたい方はメイベリンのマスカラが合っています。
ブラシのタイプによってマスカラの効果も変わってきます。自然なまつげに仕上げたいのか、ボリュームのある存在感のあるまつげに仕上げたいのかその日の気分やT・P・Oに合わせて使い分けるのことが良いでしょう。
自分のなりたい目元は自然な印象なのかパッチリとした印象的な目元なのか明確にしてからマスカラを選ぶことが理想の目元への近道です。
コームタイプでもブラシタイプでも中には上手に使うにはテクニックが必要なものもあるので、メイクの得意、不得意で使いやすさも自分に合っているタイプのマスカラを使いこなすことが良いでしょう。